Brasil
世界最大のサッカー場
『マラカナン・サッカー場』 →
夕刻、この日は有名なスターの
コンサートがあるとかで
周辺にはたくさんの人達で
埋め尽くされていた。
リオのシンボルである
『ポン・デ・アスーカル』(砂糖のパン)(右)と
『コルコバードの丘』(左・下)。
ポン・デ・アスーカルはケーブルカーを乗り継いで、
頂上まで上っていく。また、コルコバードの丘には
登山電車で登り、およそ20分ほどで到着する。
頂上には1931年に、ブラジル独立100年を記念して、
建造された巨大なキリスト・レデントール像があり、
市内のどこからでも見る事ができる。
訪れたこの日は週末で、
71歳の誕生日のアニバーサリーが行われていて
多くの人たちで賑わっていた。
リオの夜は『サンバショー』で。
ノリの良いラテンの音楽で、
熱気ムンムン!
カブリツキのこの席、
踊ってる人の息遣いまで
聞こえてきそうだった。
1200万人を超す南米最大の都市
『サンパウロ』。
スモッグが立ち込め、月が赤く見えるほど。
ビルの隙間からはまたビルが見え、
遥か遠くまで延々と続く。
その巨大さと、混然とした様子を
小さな窓から眺めていた。

2002年10月過日

リオといえばココ!『コパカバーナ海岸』
白砂浜が大西洋に面して弓状の弧を描き続いている。
パラソルの中で休んでいると、
子どもたちがお菓子や飲み物を求め、
ひっきりなしに近寄ってくる。
また人々は、格好も時間の費やし方も、
さまざまで、まさに自由気ままな様相を呈している。
ブ ラ ジ ル 《サンパウロ、リオ・デ・ジャネイロ》    
        & イグアスの滝
《アルゼンチン側・ブラジル側》
『イグアス』とは先住民グアラニー族の言葉で、『巨大な水』。
ジャングルを抜け川を溯って行くと、270を超える滝が巾およそ3kmにわたって続いている。
その一番奥にあるのがもっとも大きな滝『悪魔ののど笛』であり、その落差80m。

シュラスコ・レストランにて。
お皿はいったい何枚までもてるのでしょうね〜。

  有名なリオのカーニバル会場の桟敷席。
カーニバルは3月の夏休み中に行われ、
通常は小学校として、使用されているそうだ。
いつの日か、一度カーニバルも見てみたいなぁ〜。
  ブラジル側のイグアスの滝の、
遊歩道の入り口に咲いていた
『ベージャ・フロール』という木。
華やかな黄色の花を、見事に咲かせていた。
《ブラジル側 : フォス・ド・イグアス》
《アルゼンチン側 : プエルト・イグアス》
 さすがコーヒーの本場ブラジル!
宿泊したホテルの正面に
『コーヒーの木』が植わっていた。
間近で見るのは初めて。
『イグアスの滝』はアルゼンチンとブラジルの国境を流れる
イグアス川が大きく蛇行したところにある。南側がアルゼンチン。
1984年5万5千haの亜熱帯雨林と滝がユネスコの世界自然遺産に登録された。
その2年後には、川の北側にあるブラジルの国立公園も登録された。
その広さは17万ha。合わせると、東京都がすっぽり入る大きさである。
(某番組より)
天気が良かったので、あちらこちらに
たくさんの虹が出来ていた。
あまりの水の量に滝を見続けていると、
吸い込まれそうになる。
『悪魔ののど笛』
人々は畏敬の念を込め『悪魔ののど笛』と名付けたといいます。
滝に流れ落ちる水の量は6500t/秒。世界最大の規模。
その壮大な景観と、希少動物を育む生態系が評価され、
世界自然遺産に登録されました。
←『カリオカ水道橋』
現在路面電車がこの上を
走っているそうだが、
見ることは出来なかった。残念!
この日のリオは33℃。
真夏になると45℃くらいまで上がるそう。
(ホテルから ↓
『ポン・デ・アスーカル』の中腹から見た
コパカバーナ海岸   (↓)。
この日はあいにく、ガスがかかっていたため
景色がはっきりとは見えなかったものの、
その雄大さに感動する。
(車中から ↑

サンパウロ東洋人街(リベルダージ)街灯が鈴蘭の形をしていて可愛らしい。日本語の看板も見られ、日本語が通じたり、日本円が使えるところもある。