第六日目(2004年1月6日)
RUINAS de QUILMES〜TUCUMAN
『Tafi del Valle』は小さな街で、フェリア(お店屋さん)で賑わっていた。
キルメスを出発してしばらく行くと、山の中に学校が建っていた。
ここは冬季間は雪に埋もれるため閉鎖してるとの事。
植物が少ないこの地に珍しく小さな黄色い花が咲いていた。“RETAMA”という名だそうだ。
夕刻、トゥクマン市に着いた。本日のお宿は
『Hotel Garden Park』目前に大きな公園がある。
相変わらずどこに行っても豪快な肉のかたまりである。お昼からアサードをいただいた。
ピカナという牛のお尻のお肉だそうだ。
お皿からあふれんばかりの量!!!!!
右の写真はデザート。チーズにマーマレードのようなものがかかっていてクルミがトッピングされている。アルゼンチンのチーズには定評がある。
お昼はこのタフィ・デル・バジェにある『Don Pepito』にて。
さらに走ると海抜3042mの地点
『アブラ・デル・インフィエルニジョ(El Infiernillo)』
数日前に一緒だったMOVI TRACKのギジェルモと
再会を喜び記念の一枚(左)この日は小型MOVI TRACK
ホテルに隣接して喫茶室博物館(一番右側の入り口)がある。
夕飯もまたまたお肉(BIFE)。
私もよくよく飽きないものだ(笑)!
キルメスのホテル。出来たばかりなのか中はかなりきれいである。
天井はサボテンで出来ていてひんやりした感じ。各部屋のキーホルダーもサボテンで出来ていた。
壁には北部ならではのMENUがかかっていた。
少しわかりづらいが上から
『TAMALES』・『LOCRO』・
『MINUTAS』・『EMPANADAS』
石がこのように積み重ねられ遺跡を成している。
たいがいの事では崩れないが足をかけると、この石は簡単に動く。
友人が足を乗せたらガラッと崩れたので「あっ壊した!」と言ったら、「違うよ崩れただけだよ!」と言って何事もなかったような顔して元にもどしていた。そんなエピソードもあったが、セメントや何かでつないでいるわけでもないのに、長い年月、崩れることなくこのように残っている事に驚く
とにかくあたりは大小様々なサボテン・サボテン・サボテン・・・
中にはまるで天を指差しているようなものもあった。(右下)
傾斜地に延々と続く住居跡。
果てしなく広大な遺跡キルメス
ロバやリャマがあちらこちらに・・・。