メンドーサ州の山の近くへ行くと
温泉付きホテルもあるようだ

スキー場もある
ペニテンテス スキー場
夏山の景色も広大

アンデスの山々
PUENTE DEL INCA

温泉の成分などが固まってできた橋で
硫黄の色やその姿は自然の
なせる技を感じさせます
米大陸最高峰のアコンカグアをはじめ
周囲の絶景は大自然そのもの

この先がチリへと続く
Provincia Mendoza

Mayo.2005

首都ブエノスアイレスの北西に位置するメンドーサ州はワインの産地で有名
アルゼンチンは世界でも5番目の生産量と3番目の消費量を誇るワイン大国
アンデス山脈の麓、海抜1200メートルにある葡萄畑で作られ
南米の太陽をたっぷり浴びて育った葡萄で搾り、これらのワインが生まれました
なかでもサン・フェリーペは、アルゼンチン・ワインの“顔”と呼ばれ
そのワイナリーである“ボデガ・ラ・ルラル”は
 1885年の創業以来、唯一無二のワイン造りを目指し、100年を超える歴史を重ねて来ました
 アルゼンチンの人々の生活の中で、愛飲されているワイン、サンフェリーペは、アルゼンチンを
 訪れる人にとっては、アルゼンチンワインの入門酒として必ず薦められるワインです
アルゼンチンワインの中でわたしの一番のお気に入りはEstancia ArizuのLuigi Bosca
そしてこのSan FelipeのBodega(ワイン蔵)へ見学に行きました
この旅では、メンドーサ市内のワイン蔵BODEGAと、丘の上の観光に行ってきたのだが、
メンドーサはアルゼンチンの西側の州で、チリとの国境も有している。
アコンカグアを目の前に、陸の国境付近までバスで行くことができる。
友人がその時の写真を送ってきてくれたので、紹介したいと思います。
Diciembre.2005
← Plaza Independenciaに面した
お洒落なホテル
Hotel Argentinoに宿泊

アルゼンチンワインの
代表的なブドウ「マルベック」
収穫は終わっていたけど
いくらか枝に残っていた →

アルゼンチンワインの一番の
お気に入りは「Luigi Bosca」
そのワイン蔵へ
Bodega Luigi Bosca Familia Arizu
LA LINDAシリーズ
LUIGI BOSCAシリーズなど
たくさんの種類が並んでいる
最後には試飲会も
せっかくなので、ここで
一番のワインをお土産に買った
もちろんLuigi Bosca!
ホテルの目の前は大きな公園
その角を一つ周ると
Park Hyatt Mendoza Hotelがある
そのホテルの中にカジノがあって
夕食の後、行ってみた。が、
よくわかんないので雰囲気だけ。
外へ出ると目の前には
色とりどりのネオン管が光る
メンドーサ州の紋章が
翌朝、雨上がりの公園は、朝日があたって光ってきれい
高校生の集団が遊んでいたので声をかけてみた
通じない言葉を身振り手振りでコミュニケーション取りながら
フォルクローレも教えてもらったり、カタカナで名前を書いてあげたり
楽しかったひと時!!! 写真撮るときどこからか犬が「Perroooooo!!」

Cerro de la Gloria
Monumento al Ejército de Los Andes(中下)

毎年ぶどうなどの収穫祭が行われる会場で
全国からあふれんばかりの人が集まってくるそうだ(右下)
メンドーサ市内にあるレストラン
「Don MARIO」
アルゼンチンのビールに
生ハム・チーズ・オリーブの前菜
エンパナーダ、そして
厚さ10㎝のBife de Chorizoを堪能
メンドーサの代表的なBodegaの一つ
「San Felipe」
オーナーの趣味で古き時代の
車や機械がBodega前で
お出迎えしてくれる

Bodega La Rural
- Museo del Vino San Felipe
一定の温度に保たれて
貯蔵されている

最後はお約束の試飲
グッズもいろいろ売っていたので
San Felipeと書いてある
ソムリエナイフを購入
Aeropuerto Mendoza
メンドーサ空港
ワイン樽のディスプレーが
あちらこちらに・・・