19朝、Hotelのバイキングで朝食をとった。スイカが嫌いで日本では決して食べないのだけれど、アルゼンチンのスイカはなぜかすごく美味しくていくらでも食べられる。この際だから毎食食べて行こうとひそかに思った。

本日の予定はParque Nacionalへ。
ツアーの名称は
Tour Glaciares Perito Moreno con Safari Nautico
国立公園への入園料は外国人(私)は
130ペソ、アルゼンチン人が50ペソ、アルゼンチンの学生は20ペソ、ちなみに65歳以上の退職者は無料だった。

9時にホテルへ迎えが来て出発。
El CalafateからPerito Moreno氷河までは80㎞。
(ちなみに
Rio Gallegoまでは320㎞、Chaltenまでは220㎞)
氷河はLago Argentino
(アルゼンチン湖)の奥にある。

Lago Argentino(アルゼンチン湖;長さ125㎞、巾25㎞、深さ150180m、水温45℃)沿いにバスは走り行き着くところがParque Nacional(国立公園)入口である。
12年前は紙や水さえもない貧相なトイレがひとつふたつ、ポツンとあるだけだったけど、かなり整備されていた。また、来る途中にカラファテの実が生っていたので食べてみた。以前来た時は10月でまだ実が生っていなかったが今回はたくさん実をつけていた。だけど、まだ少し早いのか苦く酸っぱい。また来られるかな。


 まずはクルーズ。懐かしい氷河との再会である。
12mずつ進む生きた氷河
Perito Moreno。今、目の前にある氷壁は12年前およそ89㎞奥に流れていた川なのだと思うとどこか不思議な感じがする。天候は曇り、時折小雨でまり良いとは言えなかったが以前とはまた違った視点で味わうことができた。
    
  


 クルーズから戻ると遊歩道の散策。体力に合わせてルートがいろいろある。せっかくなので一番長いルートを選んだ。と、その前にトイレと腹ごしらえ。前日注文したお寿司のお弁当を広げて食べていると通り過ぎる観光客が口々に「
Oh! Sushi--」と羨ましがって見ていく。世界的に知名度のある日本の寿司、恥ずかしいような、誇らしいような。(お弁当を用意してくれた「Fuji」は弁当作りを近年始めたらしく、まだまだ知られていない。1食90ペソで安くはないが持ち歩けて便利)散策は道のアップダウンがありながらも目の前の大自然に引き込まれるように足が動く。息切れしながらも気の長~い年月流れている氷河を見ながら、12年前同様の感動は続く。
     

    
    
   

 
 バスは
1530発。それまでにはまだ1時間ほど時間があった。隣接した建物の中には
Barがあってここで一休みすることにした。ここにはドリンク、軽食の他、氷河の氷を入れて出してくれるウィスキーがある。1杯頼んで、みんなで一口ずついただいた、なかなか解けない氷、まったく味がしない、密度の濃い透き通った氷だった。



       


 ホテルに戻ると着替えをしてまたまたセンターへ。センターではアルパカのセーターやカラファテのアルファーフォール
(お菓子)などのお土産を買い、その後、夕食をとりにセンターから15ブロックほど離れたところにあるレストラン
Los Amigosへ。ここはPescados Fuerte(魚料理が得意なレストランの意)だそうで、メニューの中から大好きなメルルーサ・ネグラを注文した。前菜にはモッツァレラのミラネッサなるものを、これがまたとても美味しい!デザートはセンターに戻り、Titioというアイスクリーム屋さんに入って、Calafate y Limon Crema(カラファテの実とレモンクリーム)を食べた。

明日はいよいよ国境越え。出発は700.早々に休んで疲れをとろう。

El Calafate-Patagonia Argentina
y
 
 Parque Nacional Los Glaciares

El Glaciar Perito MorenoEl Glaciar SpegazziniEl Glaciar Upsala
(ペリト・モレノ氷河)・
(スペガッティーニ氷河)・(ウプサラ氷河)
en Chile
Parque nacional Torres del Paine
(トーレス・デル・パイネ国立公園

21 Tour Todo Glaciares Cabina VIP 

 この日はParque Nacionalにある3つの氷河をめぐるクルーズへ。およそ7時間の船の旅である。前回同様Fujiのお寿司弁当を持って、ホテルを7時半頃出発した。El Calafateから47㎞、約40分ほど走ると船着き場に着いた。まずParque Nacional の入園券(外国人130ペソ)を買って乗船手続きをする。どちらも長~い列ができているので手分けして並んだ。我々が乗る船Barco Nº1に比較的スムーズに乗り込めると行き着く場所は船の上部の最先端。Captain’s Clubと呼ばれるVIP席(ファーストクラス)だった。一緒に行った友人の粋な計らいである。席は全部で16席。そのうちの14席が埋まっていた。操舵するキャプテンのすぐ側に位置する。Boarding Time 8:30900出航。快適な船旅は1600まで続いた。

   
   
   
                 

 まずは
Upsalaへ。近くまで行き、船員が水中の氷を割っている。密度の高い大きな氷の塊、それを持った写真を撮ってくれる(以降、要所要所で撮影してくれて、それらを最後にメモリースティックに入れてくれる=250ペソ)氷は撮影用と二つのアイスピールに入れて運ばれる。1つはエコノミーのBARへ持っていかれ、有料でウィスキーが提供される。もう1つはVIP席にやってきた。VIPアテンドのファビアンが飲み物を用意してくれる。私ももちろんウィスキーで。氷はなかなか溶けなくて、ウィスキーを飲みほした後にスプライトを入れて飲んでもまだ残っているほど。800年の氷の味は飲み物の味を妨げない無味無臭でミネラルたっぷりのそれである。

                 
   

 
Upsalaを去り、次はSpegatiniへ。途中、Glaciares Seco(渇いた氷河)と呼ばれる流れてない氷河の横を通り過ぎた。今ではどんどん後退しているとのこと。Spegatiniに着くと、それぞれの氷河の姿の違いにまた感動を覚える。そして船旅の途中途中には大小さまざまな氷の塊と出会う。密度が高いため、真っ青に反射している。VIP席は常にコーヒー、サンドウィッチなどの軽食、ジュース。ウィスキー飲み物自由のくつろいだ空間、なんと優雅な時間なのだろう。

        

 最後は少し離れた位置にある
Perito Morenoへ。少し時間があるので持ってきたお弁当を食べることにした。
あるご夫人が「何か焦げたようなにおいがするわ~」と言っていたけれど、あれはきっとお寿司に入ってたお醤油の香りに違いない。道中フォルクローレなどの音楽を聞きながら自由に飲み物を飲み、まわりには氷河の数々…。一番前にいる私たちが立ち上がると後ろのエコノミー席の人たちは何か見えるのかと一緒になって立ち上がる。それが心理だと思うが、
VIP席はガラスの窓で仕切られてて中には入ってこられない。それでも知らずかわざとかわからないが何人か入ってきてはファビアンに注意されていた。悪びれもなく去っていくのでやはりわざとかな。二人の東洋人が堂々と入ってきて最前列まで進み、写真をパチパチ撮りだした。ファビアンが「2分だけですよ」と注意するもニコニコごまかして出ていく気配なし。ファビアンは行動で外へ出した。そんな光景を見ると異国の人とはいえなんか悲しくなる。(この二人、他の場所でも難癖付けてたのでわざとだな)さて、Perito Morenoへは一昨日、南側に行ったが、今回は北側へ向かった、また少し顔が違う。氷が落ちるのをしばし待ったけど残念ながら大きな崩落はなかった。しかし、7時間のクルーズで14人が仲良くなるのはたやすいことだった。みんな、楽しく、陽気で良い人たちばかり。もちろんアテンドのファビアンも皆に好かれた。帰りの航路はみんな眠りについていた。
    
                 


 17
時過ぎにはホテルに戻り一休み、夕食は昨日混んでて入れなかった
Steak Houseへ。ここでも仔羊を注文するわたし。最後のCordero Patagonicoである。デザートには初日にホテルでプレゼントされた例の二色のジュースにテキーラを少し落としていただいた。楽しかった、美味しかった、感動した日々にカンパイ!!!

翌、最終日、10時にチェックアウトして迎えのバスは1330.それまでの間、カラファテの街を今一度散策して別れを惜しんだ。

1545AR1885便でEl CalafateからBs.Asエセイサ国際空港Cターミナルへ1841定刻に到着した。
Nos veremos algun dia!

    
         

 左の地図はアルゼンチン・カラファテからチリへ向かうルート40号線の広域図。右の地図はパイネ国立公園の全体図。



 
20、晴れ。
今日は
Tour Torres del Paine al Parque Nacional (40US)へ。
ガイドの
Matiasはあたまに干支が描かれた日本手ぬぐいを巻いていた。
「色が好きでブエノスで買ったんだ~」って言うので、あなたの生まれ年は「うま年だよ」って教えてあげ
た。

 7時出発がCombi-Bus(あっちこっちのホテルをまわって観光客をひろっていく)のため、715頃にようやく到着して出発となった。

 Saltaに行った時のようなMovi-Trackのごとき大きな車輪とディーゼルエンジンの音をうならせながら走るトラック。途中からすぐ砂利道になってタイヤの空気圧を抜く。周りにはな~んにもない荒涼とした原野で、ステップ気候帯特有の丈の低い木々と枯れたような草、時折見せる小さな花・実、そしてカランチェやコンドルたち、牛、馬、羊、グアナコ、フラミンゴ、ニャンドゥーが景色の中に現れる。パタゴニアRout40をひたすら走り抜ける。

 34時間も走っただろうか、お昼前にはアルゼンチンとチリとの国境に着いた。トラックの中で入国カードを2枚書く(往復分)。まずはアルゼンチン側のイミグレーションで出国手続き。パスポートにSalida(出国)の印をもらう。ここは常に風が強いせいか、掲げられているアルゼンチンの旗はボロボロで今のアルゼンチンの情勢を映し出しているかのようで苦笑い。両国の入国管理局の間にはおよそ10㎞位の道があり、イミグレが3㎞ほど行くと“Bienvenida a Chile”の文字が見える。逆にチリ側から7㎞位走ると“Bienvenida a Argentina”の看板が立っている。まさにそこが国境なのだろう。

 しばらく走りチリ側に着くと今度はチリの入国スタンプをパスポートにもらい50mほど先にあるBar兼おみやげ物やで10分ほど休憩をとる。中はストーブがついてて暖かい。アルパの演奏、たくさんの観光客であふれかえってた。みやげ物もたくさん売ってたのでもっと見ていたかったけど買う間もなく残念。バスの中で出発の時にもらった昼食(サンドウィッチ、エンパナーダ、スナック、ジュース、水など)を食べ、またひたすらトラックは走る。途中何度かShot Spotがあって降りては写真を撮る。丘が広い、山がそびえる、水が青い、空気が清い。トレッキングしているバックパッカーたちは座って足をもんでいる。若い頃にしかできない旅だなと見ていて感じた。目的地に着くとそこからは歩き4㎞のトレッキングである。

     


 風が強く風速にしたらどれくらいだろうか、飛ばされそうになりながらも前に進む。川の色が白く濁っているのは
Leche Glaciares(氷のミルク?)といわれる所以。Torre(塔)がどんどん近づいてくる。あいにく頂上の方は雲がかかってて見えないけれど、高くそびえる様は厳かでもあり雄大だ。辺りの木々が白く焼け枯れているのは2年前に火事があった名残りだそうだ。それでもまだ自然は生きている。

 長い道程をトラックと共に、その日1日だけ友となった仲間たちと感動を分かち合い、Chileから再びArgentinaへと戻ってきた。El Calafateを出発して総距離往復600㎞。そのほとんどが砂利道であたりには自然しかない、そんな1日を満喫した日であった。

   
    
    
   

 ホテルについて夕食をとりにセンターへ出る頃は、アルゼンチンでは夕食時間真っ盛りの
22時頃。
それでも辺りは薄明るい。不思議な感じ。
12年前、持っていたガイドブックにあって行ったお店
La Cocinaは、今もまだそこにあってさらに大きくなっていた。当時はパスタが有名ということで来店したが、今宵は仔羊。Estancia(牧場)のそれに勝るものは他にはないと思うが、パタゴニアにあっては仔羊は何度食べても飽き足らない。メンドーサ州の赤ワイン、マルベックを一緒にいただいてパタゴニアの夜を楽しんだ。デザートにはまた違うアイスクリーム屋さんをチョイスしてカラファテの実のアイスを食べたが、味は前回行ったお店の方に軍配があがった。

       


 1
1822日、友人たちと一緒にアルゼンチンの南部、パタゴニア地方SANTA CRUZ州へ行ってきた。滞在場所はEl Calafate。“市”だと思っていたら“町”だと店の店員になおされた。
ツアーのセッティングは
Bs.As市内にある日系旅行社のNew Japan Travel。現地アテンドはTiempo Libre Viajes。日によってガイドさんが替わるがとても親しみやすい人たちばかりだった。

 Bs.As市内のアエロパルケ空港から840発のEl Calafate行きAR1874便に搭乗し1200には3000㎞離れた目的地に到着した。Tiempo Libreのガイドさんが名前の入ったプレートを片手に待っていてくれた。この地は12年前に一度来たことがある。その時より一層きれいに整備された感じがする。ガイドさんに2度目なんだと話すと、“カラファテを食べたか?”と聞いて来たので“もちろん!”と答える。この地には“カラファテの実を食べると再び訪れるだろう”という言い伝えがあるから。

今回は、前回宿泊したHotel Michelangeloから2ブロックほど行った角にあるHotel Kosten AikeAikeは地名だそう)へ泊った。Check-inのときに赤とオレンジのフルーツジュースをプレゼントされた。(美味しかったので後日またいただくが、一杯15ペソとのこと)

 前回泊まったHotel Michelangeloは今も健在!わけを話してロビーも見せてもらった。とっても懐かしかった。あの頃はスペイン語のあいさつですら何も話せなかったなぁ~。街を行くと、屋根の上に液体の入ったボトルが置いてある車を発見。「この車、売ります。買いませんかー」のサイン。

     
    
 
 少し落ち着いてからセンターにあるお寿司屋さんへ。ここまで来てなぜお寿司屋さん?と思うけど、
19日と21日の氷河見学のときのお弁当の注文も兼ねて行ってきた。魚はサーモンくらいしかないけど新鮮だったし、タコやイカ、アボガド、チーズ、カニカマ、玉子、ホーレンソウなどでうまく巻物などが作られていた。ご主人は東京の人で、職人肌なのか口数が少なくとっつきにくいが、奥様は韓国人で朗らかな印象を受けた。
味は?うん、美味しい。
さて、弁当の注文も終え、センターを少し散策。

    

 その後
1600にバスが迎えに来てくれて
Estancia Nibepo Aikeへ。一行は私たちの他、スイスから4人、ロサリオから1人、中国から3人。バスのガイドはスペイン語のみ(Estanciaでは英語も)。牧場についてからはお茶を飲み、散策し、毛刈りを見学、希望者は乗馬もできる。(110ペソ/1h
私も久しぶりに乗馬してみた。途中いきなり走り出したり、急な坂を下ったり、小川を渡ったりで少し怖かったけど、やはり普段できないことをするのはおもしろい。外遊びから帰ってきたら到着時からじっくりと焼いていた
Cordero Patagonico (パタゴニア産仔羊肉)が焼きあがるところだった。念願の子羊肉である。もちろんチョリッソもあるし、デザートにはDulce de leche入りのクレープ。もうこれ以上入らないというほど食し、食卓は英語、スペイン語だけでなく、フランス語、中国語、日本語が飛び交いさらに賑やかに!南の夏は日が長く、夜の9時でもまだ明るい。大満足の初日は終わり、明日はPerito Moreno氷河へ。センターは比較的暖かく15度くらいだったようだが氷河はさらにもっと寒いことだろう。 

                    
    
    

旅行時の為替レート  ;  1ドル≒12アルゼンチンペソ 1ドル≒85

Provincia Santa Cruz

ホテルはこの辺