第三日目(2004年1月3日)Safari a las Nubes
“MOVI TRACK”
それから、サルタ市内のセントロに帰ってきた(到着)のが10時を過ぎた頃。
Safari a las Nubes 500kmの旅!は終わってしまった。
疲れはしたが、ものすごく楽しい一日だった。
さらに360度のパノラマを鑑賞しながらトラックは高度4170mの地点まで登り続ける。
4000mをも超えると、さすがに少し眠気と頭痛がしてきた。
それもつかの間めぐるめく景色の前ではぶっ飛んでしまう。
今度は少しずつ降りていく。植物や山肌の色も昨日見た風景とはまた違った趣がある。
道中仲良しになったクリスティーナとノリナ。
ドイツ・ハンブルグからとのこと。
添乗していった人はクラウディオの他には運転手のギジェルモと交代用にもう一人(なんせ長距離)。
人数も少ないのでアットホームな賑わいである。
ガイドのクラウディオは8ヶ国語を話せるという。観光中はもっぱら英語とカステジャーノだが話せるという中に
どうやら日本語も入っているようなので、私は「寒いね!」とチョット話しかけてみた。
するとクラウディオ「I have to study Japanese!」だと。(-_-;)聞くと「はい」と「いいえ」しか知らないみたい。
それなら私は韓国語も中国語もフランス語もポルトガル語も何でも話せちゃうぞ!と突っ込みを入れたくなった。
この抜けるような空の青さがアルゼンチンの大好きなところの一つだ。
リャマがその辺にうろうろいてビックリしたがおとなしいので側で写真を撮ることもOK !
写真のような毛糸で編んだ動物のぬいぐるみなどを売っている子ども達がたくさんいた。
斜面に走るグアナコ
このように屋根から体を乗り出し、たまには腰掛けて!
ある時は電線に注意!と頭を引っ込める一場面
『MOVI TRACK』の事務所(黄)と
アルゼンチン北部、8日間の旅の
ツアーを組んでくれた
『LA VELOZ』の事務所(グレー)
まさに360度の大パノラマ!陽も高度もあがるにつれ空の青さは増し絶景である。
MOVI TRACK に乗っていて面白いのが途中何回かあるティータイム
私たちが下車している間にトラックの中を模様替えし、専用の小さなテーブルをセットして即席BOX席が出来上がっている。
そしてカフェやコカコーラなどの飲み物や、パンなどの軽食が用意されている。
天井が常に開け放たれているので高度が上がっていっても気圧の変化に体が徐々に慣れていくのか、さほど空気の薄さは感じないが高山病にならないようにと水分を取るように勧められる。
昨日も訪れたPurmamarcaで30分ほどの休憩。
今日は午後に来たので山肌の七色の景色も一味違う。
フェリアやお店もいっぱいあったのでみんなはショッピング。
私はのどが渇いたのでキルメスの缶ビールを買って飲んだ。
ウッカリ集合の時間に間にあわず走ったのだがやはり空気が薄いのを実感するがごとく苦しくて小走りもできない。ようやく早歩きでトラックの前に着いたものの「日本人が時間に遅れるなんてはじめてだよ!」とギジェルモにジョークを言われみんなに笑われてしまった。

この近くのホテルに宿泊予定の人が(約半数)トラックを降り、今日一日一緒に楽しんだ仲間達と「いつかまたどこかで!」と別れの挨拶を交わした。

それからは薄暗くなった車窓からの景色を横目に(天井はこの時はもう既に閉めて)がらんとした車内でお茶を飲みながら歓談する人、はたまた疲れて眠る人、それぞれに時を過ごした。左写真はスペインからとアメリカ・サンフランシスコからのオジサン!わたしは片言の英語とボディーランゲージを駆使してオシャベリに興じた。こういうひと時もすごく楽しかった。
昼ごはんを終えるとさらに高みへ出発!
遠くに白くうっすらと見えるのはSalina(塩原)
途中に小さな村々がこのように点在していた。
お昼はSan.Antonio.de los Cobresにあるレストラン。
結構広くゆったりとしたところ。
(丘には“BIENVENIDOS A S.A.DE.LOS COBRES”の文字。)
メニューはパン、スープ、鳥肉料理。美味しかった!
途中に小さなかわいい教会があった。
サルタ市内のセントロにあるMOVI TRACKの事務所に前日に訪ね翌日の集合時間を聞いて乗車確認をした。(さしずめリコンファーム)
集合時間が朝の5:50なので5時半にはホテルを出なければならない。
真夏とはいえ外はまだ真っ暗。服装は一日の中で暑〜い時と寒〜い時があるので、ジャンバー持参で中はタンクトップというチョット妙な感じ・・・。
各国からの観光客を点呼して、どんどんトラックの中に乗り込む。
入り口はトラックの真ん中で、前方に10人、後方に10人くらいが乗れる。小さなキッチン、トイレもついているので人口密度は高い。
最後のトイレタイム!
夜の8時頃、フフイ市内のドライブインにて。みんなでブラジルのダンス(?)なるものを踊っているので見ていると「KEIKOも一緒に踊ろう!」と。
どこにいてもラテンの雰囲気が満点のアルゼンチンである。
『SALINAS GRANDES』に到着。
この時点でかなり高度。
果てしなく続く塩原に圧倒される。
しばらく走るとChorrillosというところで停車。
ちょうど陽が登り始めであたりはうっすらと明るくなってきていた。
すぐ側にはこの時期走っていない『雲の上の列車』の線路が見える。
みんながトイレタイムや空気を吸うために下車しているうちにトラックの中では観光の準備がされていた。座っていたシートに毛布らしきものが敷かれ、天井を開ける。このイスの上に立って外の景色をみるために!
それはなんと360度の景色を見ることができるのだ。
トラックの中は暖かく、タンクトップで十分なのだが外は涼しい
走っている最中に体を半分乗り出して景色を見ているときは寒い
San Antonio de los Cobresまでは雲の上の列車の線路の脇を視界に入れながら走る。
炎天下の上、塩の照り返しで数分その場に立っているだけでジリジリと肌が真っ黒に焼けてしまう。その黒さは日本で焼ける色とは違い、まさに“黒”で、ああこれが大陸アルゼンチンで焼けるということなのかと実感!もちろん塩もなめてみた。メッチャしょっぱかった。(>_<)