第四日目(2004年1月4日〜5日)
SALTA〜DIQUE CABRA CORRAL
湖の畔に建つホテル
『Hotel del DIQUE』
サルタ市内を出発する前に友人の勧めもあり
ゴンドラ
に乗ってみることした。
市内にあるサン・マルティン公園から出ていて
建物の中はステンドグラスが施されこざっぱりした感じ。
ゴンドラの窓からの景色はサルタ市内を一望できる。
さほど長い時間の遊覧ではないが
天気も良く晴れ渡ってたので気持ちの良いひと時であった。
ホテルが湖面から少し高台に建っているので
下から見上げる眺めも上からの眺めも素晴らしい。
DIQUE CABRA CORRAL(カブラ・コラル)へ向かう途中に咲いていた百日紅(サルスベリ)の木。見事な紫色の花を咲かせていた。また大きなボラーチョの木(Photoアルゼンチンの木々花々参照)にはたくさんの黄色の花が咲いていた。
船で遊覧ができなかったのは残念だったが、日が沈む時や
沈んでしまって月明かりが湖面が反射している様をみていると、
とても幻想的で、心穏やかな湖畔での一日だったと今さらながらに想い返す。
ホテルの裏手には“あずま屋”があり日陰で涼むことができる。
この日はとても暑い日だったので湖畔でのやわらかな風が心地よかった。
下からボラーチョの木が伸びていて上の方のとげとげが目の前によく見えた。
「こんな風になってたのかぁ〜」と感心する私である。