Informacion 観光案内所】

Informacion(観光案内所)には市内の地図や案内パンフなどがある場合があるのでいくつか紹介します。

@一番大きい?懇切丁寧?に教えてくれたのはサン・マルティン広場近くの観光情報センター。フロリダ通りからスイパチャ通りへ向かう途中で、建物の奥にあったのでちょっとわかりづらいんだけど、アルゼンチン各地のインフォや、ブエノスアイレス市内の地図も3種類くらい用意してあって、情報は豊富。

A5月広場側のディアゴナル・ノルテにあるインフォ。こちらは黄色い市内観光バスのBus Turisticoのチケットを売っている窓口に隣接されてて、ブエノスアイレス観光局が発行しているブエノスアイレスマップの日本語版をもらうことができる。

Bレコレータ
Cプエルト・マデロの両インフォは、係りの人が1人いるだけの小さいな窓口で、それでも親切に対応してくれる。

Dコリエンテス大通りにもインフォがあったのでのぞいてみたが大通りに面しているにもかかわらず、人は二人いたけど地図もなく、大した案内もしてくれなかったので、こちらはあまりお勧めではない感じ。
ブエノスアイレス ぶらり街歩き
Ciudad Autonoma
BUS TURISTICO 市内観光バスツアー】

市内主要観光スポットをぐる〜っとひと回りするこのバスは所要時間およそ3時間半。バスは始発8:40発から約20分おきに出て、最終が19:00。(夏場)。24時間有効のチケットが大人一人70ペソ、48時間で90ペソ。(2012年1月現在)
たとえば、10時発のバスツアーチケットを買うと、次の日の10時発のバスまで乗ることができる。こども料金、ファミリー料金というのもいうのもある。ただしキャッシュでのみ購入できる。このバスチケットは出発&終点のFlorida y Diagonal Norte(五月広場から北へ斜めに走る通り)にあるInformacionでしか買えない。シーズンにはインフォがまだ開く前に朝早くからみんな並んであっという間に長蛇の列になる。

20か所ある停留所のどこででも乗り降りができて、観光できる。たとえばボカ地区のカミニートで降りて周辺を観光。その後20分おきにまたバスが来るのでそれに乗って次のスポットへ!という感じ。そんな感じで一日かけて市内にある観光スポットをもれなく網羅できるからすごい!ただし、乗車人数が限られてるので、忙繁期には人があふれてて、バスを待ってても満員だと乗れずに通過されることもしばしばなのでご注意。バスの上だから安全ってことはないけど、治安のよくないとされる地区に行っても比較的気軽にカメラをだして撮影できるので、写真を撮るにも安心感がある。しかもバスの中には観光案内のアナウンスが流れてるんだけど、なんと日本語もある!わたしは一周を写真撮影のために、一周を観光ガイドを聞くために乗車した。
バスに乗るとすぐヘッドフォーンを渡され、各席で観光案内のガイドを聞くことができるシステムになっている。言語は8種類。スペイン語、英語、ポルトガル語、イタリア語、ドイツ語、フランス語、中国語、そして日本語。

20か所の停留所は

0  Florida y Diagonal Norte(salida)
1  Plaza de Mayo
2  Congreso Nacional
3  San Telmo
4  Estadio Club Boca Juniors
5  Bar El Estano 1880
6  La Boca-Caminito
7  Madero Este
8  Puerto Madero
9  Galerias
10 Plaza San Martin
11 Museo MALBA
12 Palermo-Rosedal
13 Campo Argentino de Polo
14 Barrio Chino
15 Museo Larreta
16 Jardin Zoologico
18 Recoleta
19 La Biela
20 Teatro Colon
0  FIN DEL RECORRIDO(Florida y Diagonal Norte)
ColectivoとSubute

市内外を走るバスColectivo、市内地下を縦横無尽に駆け抜ける地下鉄Subte。これらを利用できるようになるとたいていのところには行けるようになる。
キオスコなどで売っている「GUIA」。これにはバスが走るルート、ナンバーがわかりやすく書かれてる。(日本のように時刻表はない。来る時には来る?)乗りたいバスが走ってる通りで、その番号のバス停を探して待つ。時刻表なんかなくても、待ってるとじきに来る。手を挙げて乗る意思表示をすると、バスが停まってくれるので、行きたいところを運転手に告げて料金を払う。現金もしくはSUBE(Suicaのようなチャージ型カード)。バスのちょっと難しいのは降りるところ。車内放送はないので、自分で窓の外を見て、通りや地番を見てて、この辺かな〜というところでブザーを押す。そうすると次のバス停で降ろしてくれる。通りの名前を覚えきれてないとGUIAを見ててもなかなか理解しにくい。そんな場合は便利なHP[Omuni Lineas]というのもあるので参照するといいかも。乗りたい場所と、降りたい場所をクリックして指定したら、その周辺を通るバスの番号とルートが瞬時に出るというもの。しかも通りの名前が日本語で記載できる。
また、コレクティーボは、たまに走るルートが変わるときがある。ストやデモで通りを閉鎖した時などは正規のルートを走らず迂回したりする。しかも一方通行が多いブエノスアイレス市内の通りは次の通りが迂回路とは限らない。人に聞いたり、他の人について行ったり、勘を働かせて大通りに出てみたり工夫しないといつまでも“来ないバス”を待ってる羽目になる。
Subteは駅が決まってるのでColectivoに比べると利用しやすい。ただホームの人ごみや車内出入り口付近などは要注意。また、逆に構内の中の人気のないところも要注意。Subteの構内は死角がたくさんあるので、休日など人がいないところは行かない方がいい。
車両は日本の丸ノ内線が走るなど古いものから新しいものまで様々。2013年1月まで100年近く走ってた木造のレトロな列車もあったけど、現在はすべて撤去され惜しまれ姿を消した。路線はA線、B線、C線、D線、E線、H線。また、他の路線が増えたり、延長工事をしているところもある。
ところで、SubteA線は1911年9月15日から工事が始まり1914年7月に完成。現在(2013年)A線は全部で16ヶ所の駅がある(さらに延長工事中)。写真はブエノスアイレスで一番古くから走っていた車両で2013年1月末、老朽化のためとうとう撤去された。およそ100年近く走っていたことになる。中は木製で照明はやわらかな白熱灯。乗降の際には手動で開け閉めしなければならない。とても趣きがあり、みんなに愛されてたので惜しまれた。
Monserrat
モンセラート地区
San Nicolas
サン・ニコラス地区
Retiro
レティーロ地区
Recoleta
レコレータ地区
San Telmo
サン・テルモ地区
Boca
ボカ地区
Palermo
パレルモ地区
Puerto Madero
プエルト・マデロ地区
Otro
その他

【Barrio】

Edificio Kavanagh カバナビルのエピソード

San Martin 広場に隣接して、高層ビルEdificio Kavanagh(カバナビル)」があります。
友人のイレーネ賀集さんがこのビルについてのチョットしたエピソードをプレゼントしてくれました。
題して
Venganza de Corina Kavanagh(コリーナ・カバナの復讐)です。
さてさて、真偽のほどは・・・。
(イレーネさんからはエピソード(西語)とビルの写真を1枚いただきました。ありがとうございます。)

博物館・美術館・本屋・公園 等

今までに行ってきた博物館、美術館は以下・・・(順不同、$はArgentina-peso 2012年1月現在)

Teatro Colon (Cerrito 618) 110$extranjero

Museo De Arte Moderno De Bs.As. (Av.San Juan 350) Gratis

Museo De Arte LatinoAmericano De Bs.As.[MALBA] (Av.F.Alcorta 3415) 25$

Museo De Arte Popular Jose Hernandez (Av.del Libertador 2373) 1$

Museo Evita (Lafinur 2988) 15$

Museo Nacional de la Historia del Traje(Chile 832) Gratis

Museo de la Ciudad (Defensa 219) Gratis

Cabildo, Museo Historico Nacional del Cabildo (Bolovar 65) 4$

Museo Histoorico Nacional (Defensa 1600) Gratis

Museo Nacional de Bellas Artes (Av.del Libertador 1473) Gratis

Buque Museo Fragata "Presidente Sarmiento" (Puerto Madero Dique3) 2$

Buque Museo Corbeta Uruguay (Puerto Madero Dique4) 2$

Museo de Arte HispanoAmericano Isaac fernandez Blanco (Suipacha1422) 1$

Museo de Artes Plasticas Eduardo Sivori (Av.Infanta Isabel 555) 1$

Museo Mitre (San Martin 336) 5$

La Boca Segun Quinquela (Av.Pedro de Mendoza 1835) 8$

Fundacion PROA (Av.Pedro de Mendoza 1929) 12$

Museo Casa Carlos Gardel (Jean Jaures 735) 1$

Manzana de las Luces (Peru 272) 12$

Museo Nacional de Arte Decorativo (Av.del Libertador 1902) 5$

Museo Criollo de Corrales (Av. de los Corrales 6436) 2$

Casa de Gobierno=CASA ROSADA (土日のみ) Gratis

Jardin Botanico (Santa Fe 3952) Gratis

Jardin Japones (Av. Figueroa Alcorta y Av. Casares, 1425) 16$

Museo Historico de Prefectura (Liniers 1264-Tigre)

Museo Naval de la Nacion (paseo Victorica602-Tigre) 6$
(Museo Naval では、NHKの「坂の上の雲」にでてきた、日露戦争時アルゼンチンが二隻の軍艦と共に日本に加勢した時の軌跡が展示されていた)



  【追記(2014年2月現在)】
Museo de Arte Espanol Enrique Larreta (Juramento 2291)Bono contribucion 5$

Museo Historico SARMIENTO (Juramento 2180)15$(Jueves gratis)

Ateneo (Santa Fe)

Museo Etnografico Juan.B.Ambrosetti (Moreno 350) 20$

Museo del Bicentenario (Casa Rosada) gratis

Museo Palace de glace (Posadas 1725) gratis

Museo del Humor (Av.de los Italianos 851Costanera Sur) gratis

Coleccion de Arte AMALIA LACROZE de FORTABAT (Olga Cossettini 141-Puerto Madero) 20$